土地重視で、建て売り一戸建てを購入

PR|

夫婦で賃貸マンションに住んでいましたが、子どもが生まれ、さらに2人目を考え出した際に手狭になると思い、掛川市にスキップフロアの一戸建てマイホームの購入を検討し始めました。
購入するにあたっては、とにかく土地にこだわりました。
職場に近く、将来子どもが通う小学校が荒れておらず、豊かな自然と利便性が兼ね備えられた土地。更には、地価が将来的にどのように変動するかも考慮しました。それらは、地元をよく知る、古くからある不動産屋さんで相談しました。
何件か物件の見学をし、地域ブランディングが確立した人気のある土地で、今後も地価は下がりにくいと予測される土地の建て売り物件にしました。建て売りは、土地いっぱいに家を建て、隣との距離が近い物件が多いです。若干値段は上がりますが、土地が広く、周りに余裕を持って建てられた物件にしました。
住み始めてみて、やはり土地重視にして正解だったと思います。職場や学校へも通いやすいし、生活にも困りません。自然も残っていて、子育てに良い環境だと思います。
また、土地に対して家が小さめですので、採光にも満足しています。庭で子どもを遊ばせることもできますし、家庭菜園にも十分な広さを取れます。
ただ、注文住宅ではありませんし、家の値段は土地の半分程ですので、安っぽさは否めません。使用しているサイディングや木材が特に気になりますが、これらは値段相応ですので仕方ありません。
ここまで、土地重視で家にこだわらなかった理由は、夫婦お互いの実家が遠方なためです。職場がずっと同じ場所である保証はありませんし、定年後ここに住んでいるかも不確かです。よって、良い家に死ぬまで住むことより、短期間住んで土地を売るという前提で考えました。
私も、持ち家に対してある程度の憧れや思い描く理想はありましたので、建て売りに決めるときにはためらいましたが、結果、インテリアの工夫などである程度カバーはできました。これからは経年劣化が問題となってきます。しかし、子どもも大人しい方ではないので、いくら良い材料を使っていてもいつかはリノベーションが必要になってくると思いますので、これもあきらめることができました。
家を購入するということは、とても難しい決断の連続ですが、個人(家族)の事情に合わせて、自分たちの一番重視する点をブレずに持っておくことが大切ではないかと思いました。
あとは物件と出会えるタイミングや運もあるので、購入を考え始めたら早めにアンテナを張って、情報収集をしておくことも必要と思います。

PR|生命保険の選び方クレジットカードの即日発行じゃけん|お家の見直ししま専科|健康マニアによる無病ライフ|女性向けエステ.com|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|英語上達の秘訣|英語上達の秘訣|ダイエットチャレンジ|AGAでお悩み解決|エステサロンを上手に利用する情報サイト|