失敗だらけの新築住宅

一戸建てを購入しようと思ったきっかけは、子供の誕生でした。
地に足がついた生活が出来るようにとの両親の勧めもあり土地を探し始めましたが、子供を行かせたかった学校の近くの土地を、とにかく自分たちの足で歩いて探しました。
すぐに希望に叶った土地を見つける事が出来、購入まで順調に進みました。
が、施工会社を親戚に頼んだのがすべての失敗の始まりでした。
間取りや収納などのアドバイスも何もないまま、どんどん決まっていきました。
予算を先に話していたので、その範囲内に収めてくれたのはとてもありがたかったのですが、床、ドア、階段、壁、すべての材料がアパートなどに使われているのであろう安い物を使われてしまいました。
現在最も後悔しているのは、収納の少なさです。
あまりに不便で、3年後に収納のリフォームをしてもらった程でした。
こだわりとして、家族が必ず顔を合わせるようにと、リビング階段にしたのですが、間取りに問題があったのか、2階にいて1階の声や音がうるさい程に丸聞こえで、子供がもう少し大きくなると、窮屈に感じるかも知れないと心配している所です。
マイホームを持てたのは非常に良かったのですが、親戚だったために全てがなぁなぁになってしまった挙げ句、不具合が生じてもクレームをあげにくい、とゆう結果になってしまったのが、とても後悔しています。